MOVIE
操作説明動画

Placeholder image
【機能のご紹介】入力ヘルプ機能

鋼橋CIMシステム CIM-GIRDER

この動画では、CIM-GIRDERの3つの入力ヘルプ機能をご紹介します。
3つのヘルプ機能
①ツールチップ・・・入力説明補助機能です。すぐに確認ができ手際よい入力の補助となります。
②入力説明・・・入力項目の説明図です。ミギクリックメニュー一覧も確認できます。
③ヘルプ・・・入力画面全体の説明です。画面連携の説明や便利機能、入力例等のまとめになります。

掲載日:2021/05/07(金)

アクセス数 6
Placeholder image
【鈑桁】H形鋼の入力例

鋼橋CIMシステム CIM-GIRDER

 この動画では、部品登録-H形鋼の入力例をご紹介します。
 H形鋼は基本的にV添接となるため、コネクション・取り合いは横桁端部V添接と同じ要領で入力します。
 V添接とは、添接板によって横桁を垂直補剛材に直接添接する形です。
 また、H形鋼は内逃げになるため、「H形鋼厚」と「コネクション厚」はマイナス入力になります。

この画面でH形鋼の代表番号を登録し、横桁-配置にてH形鋼番号を指定する事で反映されます。
   
 ※赤枠・吹き出しが入力内容

掲載日:2021/04/23(金)

アクセス数 19
Placeholder image
【鈑桁】横桁端部の入力例(V添接)

鋼橋CIMシステム CIM-GIRDER

 この動画では、横桁端部の入力例をご紹介します。
 今回は「V添接」の入力例になります。
V添接とは、添接板によって横桁を垂直補剛材に直接添接する形です。
 
HTは上下フランジで値が異なる場合「上FLG/下FLG」で入力します。
また、溶接はR形状に対応していないため、今回入力を省略しています。
(通常の溶接入力にて、埋め戻しのため切り抜きの出力は行っていません。ご注意ください。)

V添接のため、補剛材とフランジの取り合いの入力が不要になります。
また、横桁端部の入力の際は「部品登録」-「添接板」にも影響します。
双方確認しながら入力を行います。
  
  ※赤枠・吹き出しが入力内容

掲載日:2021/04/16(金)

アクセス数 23
Placeholder image
【鈑桁】横桁端部の入力例(単線閉じ)

鋼橋CIMシステム CIM-GIRDER

この動画では、横桁端部の入力例をご紹介します。
 今回は「単線閉じ」の入力例になります。
ガセットがあるため「BH」の入力が必要になります。

Vとの取り合い:ネクションよりVが短いとVSはマイナス入力になりCCの入力が不要になります。
横桁との取り合い:上下フランジで取り合いが異なる場合は「UF/LF」で入力する必要があります。
 
 ※赤枠・吹き出しが入力内容

掲載日:2021/04/09(金)

アクセス数 25
Placeholder image
【鈑桁】横桁端部の入力例(仕口添接)

鋼橋CIMシステム CIM-GIRDER

この動画では、横桁端部の入力例をご紹介します。
今回は「仕口添接・フィレット有」の入力例になります。
仕口添接のため、「取り合い」「BH」の入力は不要になります。

また、上下どちらかのフランジのみフィレット有とする場合は、
HT=「上/下」、HR=「上/下」で入力し、フィレット無の方を「0」で入力します。
(この動画ではどちらもフィレット有として入力しています。)

 ※赤枠・吹き出しが入力内容

掲載日:2021/04/02(金)

アクセス数 29

合計:34件