MOVIE
操作説明動画

Placeholder image
【箱桁】主桁格点ダイヤの入力

鋼橋CIMシステム CIM-GIRDER

この動画では、主桁の格点ダイヤについてご説明します。
格点ダイヤでは、格点上のダイヤフラムと横リブを入力します。
(格間は「主桁部品登録」-「横リブ」にて入力します。)

この項目では「主桁部品登録」からの代表番号を多用します。
また、カラープレートと取り合う補強リブは、入力が2パターンあります。
・カラープレート1枚で補強している場合・・・「主桁部品登録」-「開口」で入力
・カラープレートとは別にもう1枚補強リブがある場合・・・「格点ダイヤ」で入力
この動画ではカラープレート1枚で補強しているパターンとなるため、補強リブの入力が省略となっています。

※各代表の入力説明動画は準備中
※赤枠・吹き出しが入力内容

掲載日:2021/05/14(金)

アクセス数 530

オフィスケイワンが運用している橋梁CIMシステムサイト内「問い合わせサポート」についての説明動画です。
この度、問合せサポートが新しくなりました。

リニューアルの理由としては、下記問題点を改善し、サポートの質向上を目指すためです。

従来のメールを中心としたサポートの問題点
 ・問い合わせ時のデータ共有に齟齬が生じる可能性がある
 ・返信漏れ、二重対応の恐れ
 ・複数の質問がある場合、未回答か回答済みかが把握し辛い
 ・画像などを入れた説明が必要になるので、説明用の資料を作成する必要がある
 ・問い合わせが同橋梁に関してか別橋梁か分かり辛い

サポートシステムを設置する事でデータのアップを容易にし、データベース化を行います。
データベース化することによって、類似案件の場合過去の問合せサポート履歴に案内するなど、
早期解決につなげるサポートの充実を図ります。問合せをより手軽にし、ユーザー満足度を高めることを目指します。
これよりお客様には、こちらの問い合わせサポートを活用していただくようお願い申し上げます。

掲載日:2021/05/14(金)

アクセス数 574
Placeholder image
【機能のご紹介】入力ヘルプ機能

鋼橋CIMシステム CIM-GIRDER

この動画では、CIM-GIRDERの3つの入力ヘルプ機能をご紹介します。
3つのヘルプ機能
①ツールチップ・・・入力説明補助機能です。すぐに確認ができ手際よい入力の補助となります。
②入力説明・・・入力項目の説明図です。ミギクリックメニュー一覧も確認できます。
③ヘルプ・・・入力画面全体の説明です。画面連携の説明や便利機能、入力例等のまとめになります。

掲載日:2021/05/07(金)

アクセス数 412
Placeholder image
【鈑桁】H形鋼の入力例

鋼橋CIMシステム CIM-GIRDER

 この動画では、部品登録-H形鋼の入力例をご紹介します。
 H形鋼は基本的にV添接となるため、コネクション・取り合いは横桁端部V添接と同じ要領で入力します。
 V添接とは、添接板によって横桁を垂直補剛材に直接添接する形です。
 また、H形鋼は内逃げになるため、「H形鋼厚」と「コネクション厚」はマイナス入力になります。

この画面でH形鋼の代表番号を登録し、横桁-配置にてH形鋼番号を指定する事で反映されます。
   
 ※赤枠・吹き出しが入力内容

掲載日:2021/04/23(金)

アクセス数 396
Placeholder image
【鈑桁】横桁端部の入力例(V添接)

鋼橋CIMシステム CIM-GIRDER

 この動画では、横桁端部の入力例をご紹介します。
 今回は「V添接」の入力例になります。
V添接とは、添接板によって横桁を垂直補剛材に直接添接する形です。
 
HTは上下フランジで値が異なる場合「上FLG/下FLG」で入力します。
また、溶接はR形状に対応していないため、今回入力を省略しています。
(通常の溶接入力にて、埋め戻しのため切り抜きの出力は行っていません。ご注意ください。)

V添接のため、補剛材とフランジの取り合いの入力が不要になります。
また、横桁端部の入力の際は「部品登録」-「添接板」にも影響します。
双方確認しながら入力を行います。
  
  ※赤枠・吹き出しが入力内容

掲載日:2021/04/16(金)

アクセス数 468

合計:41件